ゲーム会社で働く人間はゲームをたくさんするのか?

人それぞれです。

 

というと、それだけで終わってしまうので、経験を交えて書いてみたいと思います。

 

基本的にはゲーム好きの集まり

ゲーム会社の人間は基本的にはゲーム好きの集まりです。

そりゃそうですよね。ゲーム嫌いな人間であれば、そもそもゲーム会社で働こうとは思いません。ゲームが好きでゲーム会社で働きたくて就職した、という方が多いのは間違いないです。

 

ただ、美術系の大学を出たデザイナーさんとか、専門学校でプログラムを学んだエンジニアさんとかで、就職の選択肢のひとつとして、ゲーム会社に入ってくる人はいます。

 

そういう形で選ばれるゲーム会社はたいていは大手のゲーム会社ですね。まあ、大手でないと、就職先として有望とは言えないので、当然といえば当然ですが。

 

分業制なので特化した人も

大手ゲーム会社だと職種が明確に分かれています。

たとえば、デザイナーでも背景やキャラクターなどのイラストを専門に担当する人が居ます。デザイナーというよりはイラストレーター的な立ち位置ですね。

 

私が以前に在籍していた大手ゲーム会社で、背景を描かせると抜群に上手い女性のデザイナーさんがおられました。その方はゲームをまったくプレイせず、自分が作ったゲームさえも遊ばないタイプの人でしたが、イラストレーターとしての技量は抜きん出ていました。

 

そういう一芸に秀でたタイプの方は、ゲームの知識などは必要ありません。クオリティの高い絵が描けくことで、ゲーム開発に寄与することがポイントになるのですね。

 

ゲームを知っていないと出来ない職種

これは間違いなくプランナーです。

ゲームを知っていないとプランナーとしてやっていけません。プランナーはゲームの企画をするだけが仕事ではありません。協力会社やクライアントとの窓口役を担当することも多くあります。


「○○というゲームの△△を参考にして欲しいんだけど」

「いや、僕はゲームをしないので、よく分からないのですが」

 

と返答でもしようものなら、そこでプロジェクトは終了です。

 

パーティゲームはゲーム会社でも人気

昼休みや定時後にゲームをすることは多々あります。

ひょっとすると会社によって違うかもしれませんが、私が以前に在籍していたゲーム会社は、定時後は必ずどこかでマリオカートやモンハンが行われていました。

 

ファミ通なども業界紙的な捉えられ方をするので、レンダリング中などに読んだりしていました。普通の会社だと就業中にファミ通はありえない、と友人に言われてしまったことがありますが。

 

最後に学生さんへのアドバイス

残念ながらゲーム好きの人がゲーム会社に採用されるとは限りません。

採用されるのはどちらかというと、一芸に秀でたタイプであることが多いでしょう。上記したような背景が抜群に上手いデザイナーさんとかですね。

 

会社というところは、なるべく即戦力になる方を採用しようとします。

もしゲーム会社に就職したいな、もしくは転職したいな、と考えておられる方は、ゲーム大好きをアピールするよりも、何かひとつ「これだけは絶対誰にも負けない」というようなスキルを持ついいかと思います。

仕事を早く片付けるたったひとつの方法

長く社会人をやっていると、良かれ悪かれ色々な経験が身に付きます。

今回は私が考える「仕事を早く片付けるたったひとつの方法」を書いてみます。

 

仕事が山ほど降ってくる

「今日はこのデータを上げて、後はアレしてコレすれば」

誰もが仕事のダンドリを考えると思います。会社によってはプロジェクト管理ツールを利用していたり、スクラムを導入していたりすることもあるでしょう。ひとつのタスクにかかる時間が明確になっていれば、作業を終える目処も立つと思います。

 

ただ・・・予定通り行かないのが仕事です。

 

上司からの無茶振り

実はつい最近まで「無茶振り」という言葉には悪い印象しか持っていませんでした。でも茂木健一郎氏の本に、無茶振りこそが人を育てる、という意味の文章が書いてあったので、今は無茶振りが絶対悪とは考えていません。無茶振りはときには人を育てる要因にもなると捉えています。

 

それはさておき。

 

仕事が詰まっているときの上司からの無茶振りは困りますよね。あるいはクライアントからの無茶振り。

私は大手ゲームパブリッシャーも孫請けの開発会社も経験しているのですが、特に孫請けの場合は、元請けの顔を立てるために無理難題を言われることがしばしばあります。

 

そしてやってくるトラブル

仕事が遅延する原因のほとんどはトラブル、という言葉を聞いたことがあります。

PCの不調、開発ツールの不具合、原因不明のバグ、スタッフの体調不良、スタッフの突然の逃亡(冗談みたいに書いていますが、過去に実際にありました)などなど。

 

このトラブルさえなければ、と嘆きつつも、結局は残業や休日出勤で何とか仕事を片付けた、ということを何度も経験してします。

 

仕事を早く片付けるたったひとつの方法

仕事を早く片付けるたったひとつの方法、それは・・・

「すぐにその仕事に取り掛かること」です。

 

なんだ、そんなことか、と落胆された方もおられるかもしれません。でも、これこそが「仕事を早く片付けるたったひとつの方法」だと思います。

 

例えば今日が月曜日で、上司から来週の月曜日が納期の仕事を頼まれたとしましょう。自分でざっと見積もったところ、その仕事は2日あれば終えることができそうです。さて、貴方はいつその仕事を始めますか?

 

ほとんどの人が水曜日か木曜日辺りから、その仕事に取り掛かり始めるのではないでしょうか。

 

サラリーマンにとって、何も仕事がない状態ということはほとんどありません。常に何かしらの仕事を抱えている状態で、次の仕事が降ってきます。だから上記のようなケースでは、ほとんどの人が今やっている仕事を優先し、後からやってきた仕事を後回しにするのです。

 

仕事は自分では正確に見積もったつもりでも、取り掛かってみるまで分からないことがあります。だからこそすぐに着手し、ある程度目処が立った時点で、元の仕事に戻るのが良いのです。

 

上記のケースだと、

・仕事を頼まれた月曜日を丸1日(もしくは半日でも良い)をその作業にあてる
・今までの仕事はいったんストップし、その仕事に注力する

という対応をします。

 

2日で終わる仕事で、1日を作業に当てれば、まず間違いなくその仕事の目処が立ちます。

「思ったより早く終わりそうだ。後は木曜日に見直しをしよう」
という結果が出るかもしれませんし、

「資料集めに時間がかかる。今の仕事のスケジュールを調整しよう」
という見通しが立つかもしれません。

 

要は、その仕事にすぐに取り掛かることで、

・その仕事にかかる時間を正確に見積もれる
・ある程度その仕事を進めることができる

という目処が立つことが一番大きいのです。

 

後は今の仕事の調整だったり、時には上司に延長を頼むなりして、仕事を上手く回せるようになります。

 

もっとも仕事の総量が、自分のキャパシティを超えるケースだと、上記の方法は役に立たないかもしれませんが・・・

残念な人が英語の勉強しようとした結果

タイトルにある残念な人というのは私のことです。

非常に落ち込んだことがあったので、ブログで晒します。

 

きっかけは英語の勉強

私の会社は無料で英語を勉強する機会があります。会社でネイティブの講師を雇い、週に一度、就業前に1時間ほど英語学習の時間があるのです。自由参加なので、参加するかどうかは個人の自由ですが、私自身は無料で英語を学べる機会に感謝しつつ、毎週参加するようにしています。

 

ただ、いくらネイティブの講師に来てもらっても、週に一度だとなかなか英語の学習が進みません。学生時代に覚えた知識などは、頭のどこに置き忘れたのか、いくらほじくり返しても、英単語のかけらも見つかりません。

 

そうなるとやるべきことはただひとつ。自宅での勉強です。

 

色々な方法を試してみて、たどり着いたのは。

最初はオーソドックスに英作文の本を買ってきて、毎日数ページずつ英作文をしました。一応、最後まで一通りは終えたのですが、二週目には手が伸びません。忘却曲線を持ち出すまでもなく、英作文などというものは長期記憶に刷り込まれるまで、繰り返さないといけないのですが。

 

次に試したのが、iPhoneアプリです。

英語学習のアプリを落としてきて、スキマ時間に勉強することにしました。

 

・スキマ時間の有効活用
ゲーミフィケーション的な要素で楽しく学習

 

これなら続けられ・・・ませんでした。

意志薄弱な私はスキマ時間に、ついついゲームアプリを起動してしまいます。

 

一応、ゲーム業界で働いているので、

・他社の研究をしなければ
・勉強よりも仕事が大事だろ

と「勉強しない理由」を自分のなかで量産しつつ、いつものあんガルだったり、パズドラをプレイしてしまいます。

 

仲間が居れば勉強が続く

最後に思いついたのがSNSです。

英語系のSNSに登録して、一緒に勉強する仲間を見つけようと考えました。仲間が居れば勉強は続く。人の目が気になれば勉強せざるを得ないはずだ、と自分に言い聞かせて、手頃な英語系のSNSに登録してみることにしました。

 

ちなみに登録したSNSこちらです。

lang-8.com

 

登録時に悲劇は起きました。いや、喜劇というべきでしょうか。

 

登録しようとした自分のメールアドレスが既に使用されていたのです。

「誰かが俺のメールアドレスを勝手に使用している!」

焦りました。メールアドレスが誰に漏えいしたのかと思いました。でも、私のような一個人のメールアドレスを盗み出しても、メリットがあるとも思えません。

 

PCの前でたっぷり5分間、どう対処すべきなのか迷っていたのですが・・・ふと、いつも使用しているパスワードをそのメールアドレスに続いて入力してみました。

 

すると・・・すんなりとログインすることが出来ました!

 

その時に、ようやく全てを思い出したのです。

自分が1年以上前に、まったく同じことを考えて、まったく同じ経路でそのSNSに登録し、三日坊主で止めてしまったことを。

 

以上、残念な人の英語学習の一コマでした・・・。

マンガ評 プラチナエンド 第6巻 続きは気になるが・・・

書評、という言葉があるので、マンガ評、という言葉をタイトルに入れてみたのですが、この言葉が正しいのかどうかは私には分かりません。単にマンガの感想、と書いた方が良いのかもしれませんが・・・まあ、あまり気にしないで進めることにします。

 

デスノートと同じ原作者が送るSF

デスノートは死神が重要なファクターでしたが、プラチナエンドは天使です。

マンガ内のルールもデスノートより複雑になっています。天使は神候補と呼ばれる人間に、特殊な力を分け与えることができます。力を得た人間は神になるために、その力を行使して他の神候補を倒す、というのが大きな話の流れです。

 

神候補になった人間が得る特殊な力は3種類あります。

・人を自由に操る赤の矢
・人を殺す白の矢
・高速で飛ぶことができる翼

矢に使える本数制限があったり、既に赤の矢が刺さっている人間に2本めは刺すことができなかったりと、細かなルールがあり、それがマンガ内での頭脳戦に影響してきます。

 

デスノートにあったドキドキ感が・・・?

デスノートには読んでいてドキドキ感がありました。

ドキドキ感って、我ながらボキャブラリーが貧困だなあ、と思うのですが、それに変わるいい言葉が思い浮かびません。高揚感・・・という言葉も違うし、緊張感、という言葉の方がイメージに近いのかもしれません。

非常に良くできたハリウッドのサスペンス映画を見ているような緊張感がデスノートにはありました。

 

プラチナエンドは設定も面白いし、続きも気になるし、発売されればデフォルトで買うマンガの一つなのですが、なぜか緊張感が感じられないのは私だけでしょうか。人の生死がテーマになっているマンガなのですが。

 

デスノートで忘れられないシーン

私的にどうしても忘れられないシーンがデスノートにはあります。シーンというか主人公である夜神月のある表情です。

あまりにも有名になったしまったために、色んなところでネタ的に使わたりもしているようです。

そのカットがこちらです。

f:id:kitahana_tarosuke:20170620004402j:plain

画を担当されている小畑健さんは、ジャンプの連載陣の中でも一二を争う画力の持ち主だと思います。そしてデスノートを読んでいてこのカットが出てときの印象は、今でも忘れることができません。

 

プラチナエンドでは今のところ印象に残るようなカットはありません。

でも話の展開が気になるので、間違いなく次の巻も購入する作品です。これからさらにおもしろくなっていくことを心より期待しています。

サービス終了が発表されても遊ぶゲームアプリ「あんさんぶるガールズ!!」

多くの人はサービス終了が発表されたゲームアプリは、遊ぶのを止めてしまうのではないでしょうか。

私の場合は止めるケースとそうでないケースがあるようです。

 

あんさんぶるガールズ!!

そのサービス終了が発表されたゲームアプリというのは「あんさんぶるガールズ!!」です。

 

・・・えー、ギャルゲーです。

実は私はギャルゲーはあまりプレイしない人間です。ふるくは「ときめきメモリアル」や「サクラ大戦」。最近だと「アイドルマスター」や「ラブプラス」などがギャルゲーの有名タイトルだと思います。

ちなみにこの中だと私がプレイしてことがあるのは「サクラ大戦」くらいで、他は遊んだことがありません。

 

あんさんぶるガールズ!!はふとしたきっかけで始めました。

スマホゲームによくあるように最初はスタミナ(あんさんぶるガールズ!!ではAP)消費するくらいの利用頻度でした。

それがいつの間にかレアカードが欲しくなり、イベントでのランクアップに勤しみ、デイリー課題をせっせとこなすようになりました。

 

あんさんぶるガールズ!!を遊び始めてから、他にいくつかのスマホゲームを始めたりもしたのですが、そのほとんどを遊ぶのを止めてしまいました。今、続いているのはパズドラくらいでしょうか。

 

その魅力はなんだろう

自分でもよく分かりません。特に推しメンが居るわけでもありません。

一応、ゲーム業界に居る人間なので、ゲーム性がどうこうと語るべきなのかもしれませんが、あんさんぶるガールズ!!それほどゲーム性があるゲームではありません(もし開発に関係された方がこのブログを読まれたらごめんなさい)。

 

でも・・・上手く言葉にできないのですが、ゲームへの愛情を感じます。いや、キャラクターへの愛情というべきでしょうか。

 

ゲーム内に「キミトーク」というゲーム内掲示板があり、登場するキャラクターごとに分かれています。そしてその掲示板に書かれるユーザーの発言は、キャラクターへの愛に溢れています。

 

前作から紡がれたキャラクターごとのストーリーや、膨大なグラフィックがそれらを生み出す土壌になっているのかもしれません。

なにしろ、ゲーム内にあるストーリーはライトノベル数冊分にも匹敵するそうです。私も今でも隙間時間に読んでいるのですが、定期的に追加されることもあり、サービス終了までに読み終わるのかどうか不安なくらいです。

 

サービス終了は11月末。最終イベントも

まだサービス終了まで5ヶ月もあるので、私自身はまったりと終了まで遊ぶ予定です。

kimisaki.happyelements.co.jp

リンクも張ってみました。

サービス終了後に、彼女たちのストーリーがまた何か別の媒体でもいいので、綴られることがあれば良いなと願いつつ・・・残りの時間を楽しむことにします。

書評 村上海賊の娘 第二巻

私は歴史小説をよく読みます。
といっても、司馬遼太郎が大半で、他には吉川英治池波正太郎山岡荘八田中芳樹火坂雅志鈴木輝一郎くらいでしょうか。

 

今日は土曜日だったこともあり、和田竜氏の「村上海賊の娘」の第二巻を読了しました。
書評であればシリーズ全てを読んでから書くべきかもなのかもしれませんが、そこは個人が書いている雑記ブログということで、ご容赦いただければと思います。

 

村上海賊の娘

村上海賊の娘」は戦国時代の瀬戸内海に、海賊として君臨した村上武吉の娘「景(きょう)」が小説の主人公です。

 

景は目鼻立ちがくっきりとしていて、現代であれば美人なのですが、戦国時代では醜女の範疇に入るという設定です。ただ大阪の泉州では、南蛮の文化が根付いているのか、美人の概念が異なっており、景が逆に美人としてもてはやされます。

 

そんな美貌を持つ景は、侍に劣らない武芸をもつ女丈夫でもあります。そして二巻はその景が泉州を舞台に大活躍する物語・・・ではありませんでした。

 

石山合戦

物語の中心になっているのは、石山合戦の中でも激戦と言われた天王寺の戦いです。

石山合戦一向宗本願寺織田信長の間で、10年間もの長い間に渡って争われた戦いで、本願寺の本拠地が大坂の石山にあったので石山合戦と呼ばれています。

 

中国の毛利氏は織田信長と敵対していたので、当時の対織田の最前線である本願寺に味方していました。当然、村上武吉の娘である景も本願寺側として・・・ではなく、なぜか織田側である天王寺砦に入り込みます。これにはそれまでの話の流れがあるので、全然不思議ではないのですが、不思議なのは景の行動です。

まあ、あまり書くとネタバレになるので、ここでは書きませんが、感情移入しにくい主人公であることは確かなようです。

 

原田直政

物語の中で本願寺攻めの総大将として原田直政が登場します。

織田軍といえば柴田勝家丹羽長秀滝川一益明智光秀羽柴秀吉という5人の司令官が有名ですが、これは織田軍の後期の編成で、この頃とは大きく違っていました。

筆頭家老はおそらく林通勝であり、佐久間信盛荒木村重、そして原田直政も一軍を率いていたのでしょう。

 

明智光秀が惟任、丹羽長秀が惟住、という九州の古い姓を与えられたように、原田直政も本名は塙直政であり、原田というのは信長から与えられた九州の古い姓です。信長は来るべき九州征伐に備えて、部下に姓を変えるように指示したので、その点を考えると原田直政は信長に期待された侍大将の1人であったということになります。

 

信長が出て来る歴史小説は数多くありますが、石山合戦を舞台にしたものは少なく、原田直政が出て来るのも珍しいと言えます。

 

マイナー武将が好き

小説ではなくマンガになりますが、仙石秀久が主人公の「センゴク」というマンガがあります。

私はシリーズ全巻を読んでいるのですが、歴史上では大きな失態を犯した人物なので、この後の展開が少し心配でもあります。

 

仙石秀久もそうですが、歴史小説や歴史を扱ったマンガに登場しないマイナー武将はたくさん存在します。織田軍だけでも蜂屋頼隆や河尻秀隆、金森長近、坂井政尚などは取り上げられることの少ないマイナー武将と言えるのではないでしょうか。

 

さて、話が「村上海賊の娘」とズレてきたので、この辺で終わりにしたいと思います。

だれか蜂屋頼隆を主人公にした小説を書いてくれないかなあ・・・

ゲーム会社のデザイナーの職種を紹介

私の職種はデザイナーです。業種は色々と経験しているのですが、一番長くお世話になっているのはゲーム業界になります。

一口にゲーム業界のデザイナーと言っても、実際は細かく細分化されています。この辺りは会社の規模によって大きく左右されるのですが、今回は社員が数百人以上の大きなゲーム会社を例にとって紹介します。小さなゲーム会社だと二足や三足のわらじを履くことが多く、明確に職種が別れて居なかったりする場合が多いので・・・。

 

ちなみに最近はデザイナーのことをアーティストと呼ぶゲーム会社が増えているようです。アーティストという呼称が増えたのは、私の感覚ではここ数年のことだと思います。

さらに昔はグラフィッカーとも呼ばれていたりもしたのですが、この記事ではひとまずデザイナーで統一することにします。

 

キャラクターデザイナー

学生さんの面接を担当しているとキャラクターデザイナー志望の方が多くおられます。ただ残念なことに開発チームの中で、キャラクターデザインを担当するのは概ね1人です。ゲームの種類によってはゼロのときもあります。版権ゲームだったらキャラデザは不要ですし、ゲームの内容によっては(というかセールス目的で)高名なマンガ家さんにキャラデザを依頼することあるので。

職種としてはキャラクターデザイナーが狭き門なのは間違いありません。

 

仕事内容は文字通りキャラクターのデザインやラフ絵の作成、清書から着彩、データへの落とし込みなどがメインです。開発後半になってくると自分の担当分の作業が終わっていることが多いので、キャラ詰め(この言葉は後ほど解説します)や他のチームに移動して、またキャラデザを担当したりします。

 

2DUIデザイナー

キャラクターデザイナーと同じ2D系のデザイナーですが、イラストを描いたりすることはほぼありません。主な作業はユーザーインターフェイスの作成です。ゲーム業界では2DUIと呼称することが多いかと思います。

 

仕事内容はゲーム内の表示物の作成です。フレームやボタン、アイコン、ゲージ、ロゴ、テロップなどを作成します。単に表示物を作成すれば良いという訳ではなく、画面遷移や視認性、ユーザビリティなどUX(ユーザーエクスペリエンス)も仕事内容に含まれます。

 

3Dモデラー

モデラーは3DCGツールを用いて形状を作成する担当者のことを言います。モデラーは大きく分けると背景系とキャラクター系に分かれます。

背景担当は主にゲームのステージ、建物やフィールドにある造形物などを作成します。野球ゲームであれば野球場を作成したり、RPGであればダンジョンや中世の街を作成したりですね。

ゲームの内容によっては武器やアイテム、背景内で壊れたり動くギミックのあるオブジェクトが大量に必要になったりします。それらはアセットと呼ぶことが多いのですが、大きなゲーム会社にはアセットを専門の担当者が居る場合もあります。

 

キャラクターモデラーは背景モデラーと必要なスキルが少し異なります。

キャラクターは後工程としてモーション(キャラクターの動き)があるので、それを考慮してモデルを作成する必要があります。ポリゴンの分割やボーン、ウエイト、リグなどですね。用語の解説もしたいところなのですが、一つ一つ解説しているとさすがに凄い文字数になりそうなので、ここでは省略します。

 

モーションデザイナー

キャラクターのモーションを専門に作成するデザイナーです。例えばRPGだと歩きモーションや攻撃モーション、必殺技、防御、やられなど一連のキャラクターの動作の作成を担当します。

モーションキャプチャという言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。モーションキャプチャは実際のゲーム開発で使われることも多いのですが、今でも手付けでモーションが作られること数多くあります。

 

以下は余談なのですが、私が所属していたゲーム会社にある女性のモーションデザイナーさんがおられました。その方はモデリングをさせると、円柱くらいしか作れないのですが、モーションを作成すると周りのデザイナーがため息をつくくらい見事なモーションを作成していました。それくらい専門性が求められるポジションだと言えます。

 

エフェクトデザイナー

ゲーム内に登場するエフェクトを専門に作成するデザイナーです。エフェクターと呼ばれることもあります。

エフェクトが何か、ということを一言でいうと、一番わかりやすいのはストリートファイターシリーズのリュウが放つ波動拳、ですかね。

他に必殺技を使用するときや、背景が崩れたりするときの煙、爆発、炎上、キャラクターのカットイン時の効果など、ゲーム内の特殊効果を作成する専門家がエフェクトデザイナーです。

ハイエンド機だとパーティクルを使ったりすることもあるのですが、今でも主流はポリゴンに切って貼っての作成が多いと思います。

 

他にもゲームの内容によって必要なデザイナーは変化します。2D背景が大量に必要な場合は2D背景専門のデザイナーがチームに入ることもありますし、逆に3DCGをまったく使用しないゲームであれば、モデラーやモーションデザイナーは必要なくなります。

 

他にアニメーターやコンポジッターなどが参加することもありますが、ゲーム会社の場合はこのあたりはアニメ会社や映像制作会社に外注に出すことが多いと思います。この辺りはまた別の機会に紹介したいと思います。

 

最後のキャラ詰めについて説明しておきます。

この言葉は、ひょっとすると私が勤務していたゲーム会社だけの用語なのかもしれませんが、他社の人と打ち合わせするときでも意味が通じていたので、おそらく業界用語だと思います。

 

キャラ詰めとはゲーム内で使用する画像を圧縮することです。

圧縮、と言っても空気のようにぎゅーっと押しつぶす訳ではありません。使いまわす部位や見た目が同じ箇所を一枚の画像データにまとめる作業になります。

 

百聞は一見にしかず、ということで、ネットで検索して見つけた画像にリンクを貼っておきます。

http://i0.wp.com/madnesslabo.net/utage/wp-content/uploads/2016/12/ss_762.png

 

ゲーム開発、とくに携帯ゲームはメモリの制限などで使える画像の枚数が限られているため、上記のような作業が必須になります。

 

では長くなったので、この辺で終わりにしたいと思います。ゲーム業界の話は色々とあるのですが、それらはまた機会をみつけて紹介していきたいと思います。